株式会社サンエイ商会 東京都、防災用品(火災報知機、消化器など)販売、非常持ち出し袋

各種防災用品販売および防災設備の改修工事など承ります。

練馬から東京23区内どこでも対応いたします。お気軽にご相談ください。

03-3992-3934

改修工事について 防災用品販売 サンエイ商会のブログ
防災に関するご相談・お問合せはお気軽に!
メールでのお問合せはこちらから
メールフォーム

改修報告書について

消防署に報告書を提出しなければいけないが、どうすればいいかわからない。点検内容や整備について聞かれても、どう答えればいいか分からない等、こんなお悩みはありませんか?

消防設備に関する改修報告書や、太一入り検査結果通知書の作成はサンエイ商会にお任せ下さい!
当社では、消防設備に関する確かな知識・ノウハウを持つ点検資格者が正確な報告書を作成いたします。

改修報告書について

SAMPLEクリックで拡大画像表示

改修報告書とは消防法第4条または第16条の5の規定に基づき実施する立ち入り検査で不備欠陥などが合った場合に提出を求めるものです。

改修(計画)報告書は、「記載されている回答期限までに全ての指摘事項を改善し、その内容を記載する」といった主旨のものではありません。
多額の費用負担が生じるもの等、早期対応が困難なものがあることもあります。
そのような場合は、「改修時期」や「改修方法」など具体的な内容を記載したうえで 報告しなければなりません。

立入検査結果通知書について

SAMPLEクリックで拡大画像表示

立入検査結果通知書とは、公文書であるがそれ自体関係者に対して法的効果を生じさせるものではなく、関係者に対して火災予防上の不備事項の改善を勧告したという事を証明するものです。

消防署の方は、不規則に防火対象物を選択し、消防法に適合した設備を設置・運用しているかを検査しています。
その立入検査の結果、消防法に適合していないと判断されるような不備個所があれば、立入検査結果通知書の不備事項に記載されてしまいます。その不備に対する改善・改修の計画を 立入検査に関する改善計画書に記入し提出をしなければなりません。

ページトップへ